ここでは、合同会社共創ラボ代表 谷口起代が行っている研究活動の一部をご紹介します。

    Research Concept    博士論文      OnGoing Research          Past Research 

〈背景と概要〉                                 共創研究会@社会デザイン研究所               これまで執筆した論文、書籍、報告書など

 

My Research concept : Brief Sketch

 理不尽なことが起こっていても、それをどうすることもできなかったり、または、身近な人がそのことで苦しんでいたり、自分自身がその苦しさのまっただ中に置かれたり。生きていれば、そのようなことに遭遇することは避けられないことかもしれません。でも、私が研究活動を行っている背景には、そんな時に「そういうものだよ」と冷めた構えで通り過ぎてしまわずに、どのような理不尽ことが起ころうが、それが社会の構造的な問題に由来していて一人の力ではどうするここともできないことであろうが、または、生まれながらに持っている病や障害や貧困といったことがあろうが、この世に生を受けた一人ひとりが尊厳ある生を全うすることができる道を見いだしたいという思いがあります。

 特に、私の関心は、「障害」「病」「社会的不適応」「死」といった近現代において周縁化されてきた事柄、スティグマとして扱われてきた事柄との関係を取り戻すことです。そうすることで、どんな事情があろうとも、そのままに、誰もが「おのずから」のままに生きられる社会が創られていく可能性が拡がるのではないかと思っています。

 そんな思いを背景に持ちながら、「人が躍動する時」に着目して研究をしています。人は、いつ、どんな条件下で、動きだすのか。滞った状態に風穴が開くのはどんな時か。これまで見いだしてきたいくつかの原理としては、人は一人では動き出すことはほとんどないのだということ。意志の力は普段信じられているほどに、強くはないということ。ずっと『停滞』していた状態から『動き』が生まれる時、その背景には、それを生み出す関係があるということ。

 だから、私の研究では、関係性が要となる「共創」がキーワードです。「共創」から生まれる「躍動」に着目し、躍動の源泉を、そして、躍動のメカニズムや条件を、可視化することや言語化する。それと同時に、人々が躍動する状態を生み出すしくみやシステムを構築するにはどうしたらよいかを、私自身のフリーランスのソーシャルワーカーとしての実践を検証しながら、探究しています。

 

【現在取り組んでいる具体的なテーマ】

​・「共創する身体(からだ)」づくり≒コミュニティヘルスを促進する人材育成プログラム開発

・コミュニティづくりにおけるソーシャルワークと心理療法の統合

・西洋近代的パラダイムを補完しつつ超える、「いのちと暮らしを守るソーシャルワーク」 の理論構築

・「共創」の場のダイナミズムの解明

・現代の私たちの生活の実感覚に合う「祈り」や「信仰」のカタチの言語化

〈学術領域における歩み〉

B.A. (Bachelor of Art) : University of Toronto, Faculty of Arts and Science, Psychoanalytic Thought Program (Interdisciplinary course)  1993-1998.

MPH (Master of Public Health) : 筑波大学大学院人間総合科学研究科フロンティア医科学専攻 修士課程 2009-2011.

DBA (Doctor of  Business in Social Design) 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科比較組織ネットワーク学専攻 博士後期課程  2011-2015.

研究の概要 & 背景にある思い

2015年に書き上げた博士論文では、「健康に生きる」とはどういうことなのか、という問いに対するアプローチとして、ヘルスプロモーションを、「広義の『健康』――日常生活の資源となり得る健康――に向かってローカルな世界からはじまる社会の改革に向けた運動」と捉え直し、ヘルスプロモーションの核となる概念として「共創」理論の構築を試み、「健康」を関係概念として捉えることを提案しました。障害を持つ者や路上生活をおくる者と共に、彼らと共に生きる世界を創造している「共創」の実践事例から、誰もが安心して暮らせる社会を目指すヘルスプロモーションには、「労働力商品」としての価値がなくなることを怯えなくてもよい、自らが共に生きる世界を創出していくことが重要であることを示しました。

 健康教育や受動喫煙防止、通い場の創出などがメインを占める従来のヘルスプロモーション研究からは相当異質なヘルスプロモーションの研究となりましたが、保健医療従事者を中心としたヘルスプロモーションの限界を超えていく必要性は十分に認識されている今日、実践に基づき実践に返していけるヘルスプロモーションの思想的研究 が存在する意義はあると思っています。また、ヘルスプロモーションの実践において、人間を関係概念から捉えることで打開できる課題は決して少なくないだろうと思います。論文は荒削りでまだまだ洗練させる必要があることは承知の上ですが、現時点での私の精一杯を書き込んだものです。よろしかったら、ごらん下さい。

タイトル:「共創」概念の研究ーヘルスプロモーションの思想と実践

      "Co-creation" as the Fundamental Concept to the Construction of

                         Thoughts and Practices of Health Promotion 

博士論文へリンク 

立教大学学術リポジトリ

​  博士論文  

 
 

On-going Research Projects

現在行っている研究活動

2015年6月から立教大学の社会デザイン研究所 研究員として、研究活動を開始。

 

■共創研究会の開催

2015年 12月に共創」概念の研究に関心のある人たちに声を

    かけて、共創研究会を立ち上げる。  

2016年 月1回、「共創」をテーマにメンバーからの話題提供を

    受けてグループディスカッション。

2017年 4月から分野・関心別の小グループごとに研究会を開催。

    この研究会活動自体を「共創」の実践と位置づけ、グル

    ープごとの研究会は、定期開催を前提とせず、グループ

    内に生じた内発的な動きに従って、次回のテーマや開催

    の是非を決定する方式で開催。​

        ■分野・関心別グループ

   ① 障害、高齢、貧困との共創

   ② 企業社会の課題、葛藤       

   ③「共創」のダイナミズム・場・人間探究

   ④「共創」的実践と経済活動

   ⑤ 上記以外

2018年​ 分野・関心別グループごとに研究会を開催(9回)

   共創研究会から、①「場」と「支援」探究会(仙台)、

   ②企業社会に身を置きながら暮らしにおける関係性を創る

   者たちの「当事者研究」を研究する(仮称)共創研・企業

   社会系グループ、③延命寺を拠点としたコミュニティづくり

   ネットワーク が生まれた。   

 

 

 

 

2019年度の研究会の運営計画

   2018年に生まれた3つの研究実践グループでの定期的な研究会や外部に向けた企画の開催。

 ・2019年7月5日   共創研拡大研究会「暮らしの中のスピリチュアリティ」@立教大学 池袋キャンパス

 ・2019年12月19日   共創研拡大研究会(仮)「介護を抱える働く世代の語り場づくり」@立教 池袋キャンパス

「共創」的実践の調査と「共創」概念の研究

現行の健康政策は、個人に対する目的志向型の介入支援――人間の「あるべき姿」(「自立した個人」)を前提とした目的志向型の支援――が主たるアプローチとなっている。20世紀後半には、健康における心理社会的要因の重要性を説いた生物社会心理モデル(G・エンゲル)や、健康的な暮らしにおける環境との交互作用に注目したエコロジカル・モデル(C・ジャーメイン)など、人への介入に過度に偏った支援のあり方を見直す理論が次々と提示され、保健・医療・福祉が一体となって人々の健康的な暮らしを推進する動きはひろまってきているが、従来の「自立した個人」を基盤とした制度的枠組みからの脱却には至っていない

​2015年度報告

​もっと読む

「共創」的実践と「共創」概念の研究

平成26年の介護保険法改正に象徴されるように、昨今の社会保障関連領域の相次ぐ法改正は、公助の縮小、自助、共助の拡大に向かっている。かつて人々の暮らしの中に当たり前にあった共同体的助け合いを、個人化が進む現代の社会にあっていかに再構築することができるのか、異なる価値観やニーズを持つ人々が互いに尊重し合い助け合える新たなコミュニティ再建に向かう社会デザインが求められている。筆者はこれまで、「誰もが安心して暮らせる社会に向かう」ヘルスプロモーションにおいて「共創」を有効な概念として提案し、従来の保健医療福祉

​2016年度報告

​もっと読む

「共創」-プロセスを他者と共に創りだす―実践と事例の研究

 「共創(co-creation)」という言葉は、現在、多様な主体が対話をベースに出会い新たな価値を創造していく時の形態やテクニックを示す時に用いられることが多いが、筆者が「共創」を研究テーマとして取り組んできた背景には、障害、貧困などの問題に直面しながらも、すなわち、どのような環境にあろうとも、力強く、創造的に、みずからが生きる世界を他者と共に創りあげていく活動がすでにあり、その形態やテクニックではなく、その「プロセス」を可視化する意図があった。従来の支援モデルとの対比で、その「プロセス」を、「共創」モデルとして概念化することで、支援領域に限らず、社会変動のただ中にある私たち一人一人が強く創造的に生きていく上で有効な概念を提示することを試みたものである。つまり、「共創」の研究では、常に、個人レベルで他者との間で起こる個人

2017年度報告

​もっと読む

「共創」のプラットフォームづくり実践的研究ー都市圏におけるコミュニティ(親密圏)再構築の試みとして

 地域における人々のつながりを再構築し、「誰もが住み慣れた地域で、生きがいをもって暮らし、共に支え合う社会」を目指すとして厚生労働省が地域共生社会構想を打ち出してから2年が経過した。地域福祉やまちづくりの領域では、「支え合うつながり」の構築にむけて、様々な取り組みが試みられている。しかし、個人化が進み将来設計に対する不安が蔓延している現代の社会には、個人を、身近な他者と支え合う関係へと誘う力よりも、個々が個別に「生き延び」のために自己防衛的な策を講じることへ向かわせる力が強く働き、支え合う関係づくりは困難に直面している。また、物質的な豊かさと便利さを追求してきた現代社会は、ADL(日常生活動作)に支障がなければ一人でも生きられる生活様式を獲得してきたこともあって、特に都市近郊では、あえて能動的につながりを求めて動くことをしなければ、人は、簡単に孤立化する。孤立化の末の孤立死、無縁死が切実

2018年度報告

​もっと読む

社会デザイン研究所 研究員としての研究内容

←2016年11月

 主指導教授だった内山先生に

 参上いただいた共創研の帰り道

Past Research Projects

これまでに執筆した論文・報告書および講演・発表など

■ 論文・研究実践報告書 

「他者と共に生きる」関係構築に向かった「共創する身体」づくり講座ーコミュニティヘルスを促進する人材育成プログラム開発に向けて−,

     (Social Design Review 査読申請中 2019年10月現在)

・2015年度研究助成報告:東日本大震災および原発事故を契機に生まれた『共創』的実践活動の調査〜震災・原発事故からの社会の再建にむ

 かうヘルスプロモーションの理論構築にむけて〜, 2019,  非営利協同総合研究所いのちとくらし No.68, pp.46-56

・生活困難状況にある者との「共創」の基盤となる生命観の研究~近代的個人概念に立脚した人権の保障に基づくソーシャルワークを超える、 

 「いのちと暮らし」を守るソーシャルワークの理論構築に向けて~ (公益財団法人上廣倫理財団 2017年度助成)​

・豊かな高齢社会システムづくり実践的研究(ニッセイ聖隷健康福祉財団2016年度助成 NPO法人CoCoT受託)

 ・第2次調査 「地域の多様性を活かした高齢社会におけるまちづくりの方策の検討ー松戸市の地域見守り活動を事例としてー」2016年10月

 ・第3次調査  「高齢社会における住民主体のまちづくりの調査研究ー「あんしん電話」導入事例の検証を通してー」2017年10月

 ・第4次調査「高齢社会における公共性の高い福祉サービス事業「あんしん電話」の包括的調査研究」2019年11月

・高齢社会における都市近郊のコミュニティ形成の可能性から千葉県松戸市A町会の見守り活動におけるボランティア継続要因の分析から

 2016, Social Design Review Vol.8 pp

・孤独死予防にむけた独居高齢者見守り訪問活動における新規ボランティアの継続要因の分析(太陽生命厚生財団 2015年度助成)

博士論文 「共創」概念の研究~ヘルスプロモーションの思想と実践, 2015

・災害時における社会資源の考察-「被災地障がい者センターみやぎ」の事例から, 2012, Social Design Review Vol.4 pp.101-111

 

■ 翻訳書

いのちの営み、ありのままに認めて (2016) (2005年出版※絶版となった「脱サイコセラピー論」の復刻版

・実証研究:ストレス軽減におけるスリーインワン・コンセプツの有効性 (2009)

・ファミリー・コンステレーション創始者バート・へリンガーの脱サイコセラピー論 (2005)※絶版になってます。

■ 活動報告書

・コミュニティ活動における「共創」の類型化の試み (2015)立教大学学術推進特別重要資金採択

・東日本大震災被災者および避難者の孤立化を防ぐコーディネーション事例の研究 (2014)立教大学学術推進特別重要資金採択

・3.11後のコミュニティづくりに向けてつながる―NPO法人CoCoT 円居の場を通したコーディネーションの記録(2013)

・活動が生まれる「場」をつくる―NPO法人CoCoT 復興につながる場づくりの記録 (2013)

■ 講演・研究発表

・健康って何だろう?〜生きる居場所づくるから「健康」のカタチを考える〜 ユニコムぷらざさがみはら 市民・大学交流会 2018.9.26 

​・「正しさに居つく」をしない活動の地平を求めて @青砥やくじん延命寺寺子屋自主ゼミ 2018.05.13

・心理療法における技術と場(フィールド)の関係について@青砥やくじん延命寺寺子屋自主ゼミ 2016.07.02

・"Co-creation"  as the Key to the Enhancement of Health in the Post-Industrialized Japanese Society

   @ Indonesia, Satya Wacana Christian University 2015.09.09

   @ Soegijapranata Catholic University 2015.09.08

   @ Dhyana Pura University 2015.09.15

・家族内殺人の実態把握に向けた法医学データの疫学的分析―日本とドイツの比較から  第69回日本公衆衛生学会総会 2010.10.27

・バンクーバー市におけるメンタルヘルスサービス:コミュニティ・チームケアの仕組みとアドボカシー事業@やどかりサロン(やどかりの

 里)2005