暮らしづくりのプロフェッショナルが提供するサービス

​場づくりコンサル

 

講座・研修

〜「他者と共に生きる」関係の構築を一段階深く〜。

合同会社共創ラボは、コミュニティヘルスを促進する人材育成や場づくり(環境づくり)をサポートします。

【これまでに開催してきた講座や研修の例】

・研修:〈いのち〉が活きる居場所をつくる(レクチャー&ワークショップ)@NPO法人シャロームの会

​・研修:今、私たちはどんな社会に生きているのだろうか〜福祉編〜@NPO法人ふうどばんく東北AGAIN

・講座:「場」と「支援」探究会〜いろいろな「場」と「支援」のありようを体感する〜@仙台「場」と「支援」探究会

・講座:「身体に聴く・身体で聴きあう・関係性を身体で感じる」@「場」と「支援」探究会

・講座:「自分を知る」からはじめるストレスマネージメント

・講座:共創する身体づくり「暮らしの中で「聴く」時に使う技・立脚する世界観の探究(通称:てらたん講座)

・講座:健康って何だろう?生きる居場所づくりから「健康」のカタチを考える@ユニコムさがみはら




場づくりコンサルティング

 

 

 

 

 

 

こころと暮らしの相談室 

人生には、思いもよらない形で、それまでの人生設計を見直さなければならないことが起こります。親の病、子供の不登校、自分自身の体調不良、または、失職する等々・・・。このような出来事に遭遇した時に、どのように解決していくかということについて、「正しい答え」は存在しません。様々な関係から成り立っている個別具体的な「暮らし」において、優先することや考慮せねばならないことは一人ひとり異なります。ある状況下においては、肉体的な健康よりも、そこにある関係性や信頼を優先させるという決断を下すこともあるでしょう。何かを選ぶということは、何かを選ばないということ・・・。何に生きるか、何を置いていくのか、ひとつひとつの決断をていねいに行っていくことが大切です。

「ワンストップ・コンサルティング」では、あなたが納得のいく選択をし続けていくことをサポートします。

まず必要なことは課題整理です。直面している問題を「自分にとっての問題」と「身近で大切な人にとっての問題」に分けるだけでも課題のとらえ方は変わります。さらに、自分自身が何をこころから願っているのかを知るプロセスをじっくりと歩むことが、納得のいく選択をするためには不可欠です。また、問題と思っているところにどのような社会的・制度的サポートがこの社会に存在しているかを知ることなしに、問題の全容を把握することはできません。

共創ラボが提供する「ワンストップ・コンサルティング」は、ソーシャルワーク(福祉の専門職のアプローチ)と心理療法(こころの専門家のアプローチ)の双方の技術と知識と経験を統合したものです。人生の過渡期において、納得のいく選択をしていきたいあなたを、サポートします。

「納得のいく選択」をしていくためのサポートの流れ ​(基本的に、1回2時間程度)

① 問い合わせ・相談(電話・メール)

② 面談:課題整理

③ 面談:情報提供

④ 必要に応じて他機関への紹介・同行支援。またはコンサルティング継続など

※ ② ③ ④ のサービスは有料です。(目安 5,000 円/1時間)

※ ② ③ は通常、同一の面談の中で提供いたします。

※ 現在、人の紹介、または、ホームページで関心を持った方からの

 メールでの問い合わせのみ、受け付けています。